ジョニログ

札幌で働くIT系おじさんが技術の事、料理、車、DIYなど色々な事を記録します。

おじさんも聞きたいロックなクリスマスソング10選!

クリスマスまであと2週間くらいですね。こんばんはジョニです。

f:id:jhonny7:20171217001748p:plain

 

朝はFMラジオを聞いているんだけど、この季節はクリスマスソングが、ガンガンかかるんだよね。けど毎年毎年同じ曲で、いい加減何十年も同じ曲だと飽きてくる。もうワムは分かった!Last Christmasね。何十年聞かれ続けるのだろうか。

 

もうクラシック曲レベルで聞かれ続けるのではないか!?という気もするけど、そんな有名曲は少し置いておいて、今日はおじさんが好きなロックなクリスマスソングをご紹介。

 

ちなみにジョニおじさんは、学生時代からバンドでギターを弾いておりロック畑で健やかに育ったので、少し選曲がそっち寄り。しっぽりしたクリスマスソングではなく、盛り上がりたいおじさん向けの曲が中心になった。

では、いくぜ!

 

1.Brian Setzer Orchestra - Jingle Bells

オープニングはこのナンバー。ブライアンセッツァーオーケストラのクリスマスアルバムのオープニング曲。ブライアンセッツァーって、おじさん世代にはストレイキャッツ時代の方がしっくり来るのかも知れない。未だかつて、このブライアンセッツァーのクリスマスアルバムを推した声って聞いたことないんだけど、実はかなりの名盤。もう廃盤だろうから買えないと思うけど、DL販売などで是非聞いて欲しい。アルバム全体的に素晴らしく、ノリノリなクリスマスからしっとりムーディーなクリスマスまでカバーしてるんだぜ!


Brian Setzer Orchestra - Jingle Bells

 

2.U2 Christmas (Baby Please Come Home)

2曲目は爽やかなロックナンバーで繋ぐぜい!クリスマスにワクワクした子供の頃の気持ちが湧き上がる、そんな1曲。そうえいば、U2って数年前にiPhoneのMusicライブラリに無料で楽曲提供していたな。

 

iPhone U2」で検索したら、「iPhone U2 削除方法」とか出てきたぞ!強制インストールというアプローチ方法が間違ったのかもしれないけど、全然カッコ良い曲なので、あっちも聞いて欲しい。おっさん世代は好きな筈。


U2 - Christmas, Baby Please Come Home

 

(参考)iPhoneのCMで使われた曲。

  U2 - The Miracle (Of Joey Ramone)

 

3.All I Want For Christmas Is You - My Chemical Romance

3曲目!まだまだテンション上げていくぜ!マイ ケミカル ロマンスがカバーしたマライアの超有名クリスマスソング、いつもの「All I Want For Christmas Is You」。本家マライアVersionも十分Rockな気もするけど、飽きたから今日はこっち。


All I Want For Christmas Is You - My Chemical Romance

マイケミカルバージョンとマライアを比較してみると、マライアバージョンの編曲の凄さというのが分かる気がする。Aメロからベースラインでの4つ打ちっぽく全体を抑えてマライアのボーカル力を際立たせているあたりを聞くと、やっぱ本家凄えや、となるなあ。けど今日はロック選曲なので。

 

4.AC/DC Mistress for Christmas

近年はドラムのフィルが逮捕されたり、ボーカルのブライアンジョンソンが聴力障害からツアーに参加できず、なんとガンズのアクセルローズが代役でボーカルを務めるなど、話題に事欠かないAC/DCであるのだが、つい先日2017年11月18日にはメンバーであるマルコムヤングが死去した事により、また今後の活動が心配な今日この頃。そんなAC/DCだが彼らにもクリスマスソングがあるんだ、これが。似合わないけど。

 

曲はAC/DC節全開で安心のAC/DCワールドだ。


AC/DC-Mistress for Christmas

 

5.Metallica - Carol of the Bells

家族とのパーティー中、今までの4曲を流してきたお父さんは、そろそろ家族からの「うるさいから曲変えれ!」コールが飛んでいる事であろう。だがそれは幼少期からしっかりとロックな躾をしていなかったお父さんの責任だ!

 

ロック教育を行っているご家庭の皆さんは、次はインストゥルメンタルで攻めてみよう。ゴリゴリッとした重い奴。そうメタリカさんの登場だ。なんつうか、まあ安定のメタリカだ。どっから聞いてもメタリカ。一気にダークサイドに引き落とされるような雰囲気がたまらない。


Metallica - Carol of the Bells

 

6.Joe Satriani - Heavy Metal Christmas

インスト繋がりで、次はギタリストらしい選択をしてみたい。ロック小僧のギターヒーロージョーサトリアーニ師匠である。元祖ギターがねちっこく歌いまくるジョー師匠によるクリスマスソング。

 

7分以上と長丁場なこの曲。途中から5分過ぎまで全然クリスマス関係なくなるのがポイントなのだ。まあ普通の子供は音楽止めようとするよね。「お父さん音楽変えて!」と。しかし5分過ぎまで我慢させて欲しい。教育には我慢が大事だ。もうね、意味わからないくらい唐突に曲調変わるから。ぜひ家族で聞いて困惑して欲しい1曲だ。


Joe Satriani - Heavy Metal Christmas

 

7.EARTH,WIND&FIRE - DECEMBER

「ちょっと待て!」今日はロックと言っていただろ!という声が聞こえてきそうな気がするけど、負けずにディスコソングを紹介するぜ。そうアースウィンド&ファイアーのSeptemberじゃなくDecemberだ。3か月進んじゃったよ。

 

そう商魂たくましい1曲なのだ。9月じゃなくて12月にしただけではない。歌詞もちゃんと変わってるんだぜ。

 

ベースもドラムもギターもリズム感が黒人しか出せないのではと思わせるグルーブ感でホント耳とお腹が気持ちいい。メタリカからサトリアーニ師匠と重くなった雰囲気を一気に引き戻す1曲だ。


Earth, Wind & Fire - December

 

8.Bryan Adams - Christmas Time

そろそろアッパーな曲も疲れてきた頃なので、しっぽりと落ち着いた曲へいきたい。ここらで休憩して終盤戦だ。おじさんは体力が無いので、音圧が高い曲を聴き続ける事が困難なのである。ここでブライアン アダムスの名曲クリスマスタイム。

 

ギタリスト観点としてはコード進行が面白い曲で、次そっちにいくの?という予測と違うコード進行をしていく曲である。けど上手くまとまって落ち着くのが不思議だ。声の魅力によるものなのかな。


Bryan Adams Christmas Time 1985

 

 

9.Queen - Thank God It's Christmas

クイーンのクリスマスソング。フレディの暖かなヴォーカルと、クイーンらしいハーモニーがクリスマス感を盛り上げる一曲。クイーンというバンドは本当にバンドとして完成されているなーと改めて感じさせる、そんな一曲となっている。

 


Queen - Thank God It's Christmas (Official Lyric Video)

 

 10.Happy Xmas (War Is Over) - John & Yoko

最後はガラッと曲調を変えてジョンレノンの超有名曲。有名曲は選ばないつもりだったけど、大トリはやっぱこれだよ。

 

朝鮮半島情勢が緊迫化し戦争という言葉が見え隠れしている昨今。子供たちと真面目に、こういった動画を見てジョンが何を歌っていたのかをぜひ教えてあげて欲しいなあと思い選んでみた。

 

ロックなんだよな。こういうのも。


Happy Xmas (War Is Over) - John & Yoko The Plastic Ono Band with The Harlem Community Choir

 

まとめ

子供の頃は親や大人たちに楽しませてもらったクリスマスは、年を取りおじさんになると逆の立場になって、子供を楽しませて自分も楽しむというイベントになった。プレゼントはそんなに貰えなくなったけど、オジサンなりの楽しみというのが増えたのかなと思う。

 

今回は結果的に、あまり有名じゃなく子供には受け入れられなさそうな曲が多くなったけど、気に入った曲が見つかったらぜひ家族とクリスマスに聞いて欲しいなと思う次第。ではまた!