ジョニログ

札幌で働くIT系おじさんが技術の事、料理、車、DIYなど色々な事を記録します。

北海道から大阪に来て不安な事

随分と久しぶりの更新となりました。

 

2018年は年の初めから長期出張を命ぜられ大阪に来ています。

それにより、結婚してから初めて長期で家を空ける事になりました。

 

f:id:jhonny7:20180122011722p:plain

 

出張に際して、お父さんが居なくても家庭が回るか!?という不安が大きくあります。私が住む北海道札幌市は、年間積雪量の累計値は平均で280cm程度。

 

1月から2月に降る雪は気温が低い影響から軽いさらさらした雪となります。そのため、雪かき自体は大した重労働ではありません。一番の問題は、夜中に除雪車が家の前に置いていく雪です。

 

降雪地域以外の人には、イメージできないのかもしれないので解説します。知ってる人は、あーはいはい。と読み飛ばしてください。

 

住宅街に除雪車が来るのは、主に深夜となります。昼間は滅多に来ません。昼間に来るとしたら除雪しないと通行できない位の大雪になった時ぐらいでしょう。昼間に除雪車が走ると、危ないし効率的では無いです。

 

昼間に積もった雪は、夜中までそのままなので、車が通ったりして、踏み固められます。踏まれた場所と、踏まれて無い場所。昼間は北海道でも気温が上がるので、日光が当たったり当たらなかったり。そんな要因が重なって、道路はボコボコになります。そのまま夜になり気温が下がると、ガタガタな状態で雪が固まります。

 

札幌市などの自治体は、市道である道路は基本的に除雪します。しかし住宅街は、基本的に除雪車が「ガーーッ」と雪を押して、反対から「ガーーッ」とバケットで雪を押して終わりなんですね。そうなると、道路の両脇に雪が残されるのです。

 

我が家の家の前です。

f:id:jhonny7:20180122005436j:plain

 

この雪を除雪車が綺麗にしようとすると、ものすごく時間がかかるんです。

なので、除雪費用の削減という意味でも住宅前の除雪は基本的に住民がやるのがお約束となっています。

 

住宅前の土地に面している道路は、一区画が大きいほど広くなりますが、北海道では土地が安いので、我が家のレベルでも8メートル程度あります。8メートルびっしりと雪の壁が朝一で出来上がっているのは、テンション下がりますね。

 

f:id:jhonny7:20180122005411j:plain

 

これが置かれると、車が出れないので、必ず朝一番でやる必要があるのです。もうね、超重労働。我が家の朝の分担は、お父さんが、家の前に除雪車が置いていった雪を除雪となっておりました。

 

それを我が妻を初めとしたマイファミリーは対処できるのか!?

朝から「うわー、間に合わない!!」とバタバタしているのが想像できます。

 

2018年冬シーズンを我が家は乗り切れるのか!?

大雪にならないことを祈りつつ、今シーズンは雪かきをしなくて済む久しぶりの冬となりそうです。子供の時以来だな・・・。

 

それでは。