ジョニログ

札幌で働くIT系おじさんが技術の事、料理、車、DIYなど色々な事を記録します。

道産子が大阪生活で感じたこと5つ(生活編)

こんにちは!

私の方は相変わらず大阪での出張生活が続いています。

f:id:jhonny7:20180127141848p:plain

 

 さて、そんな大阪ですが思っていた以上に寒い。

 

今週は1週間寒い日が続いたのですが、昨日はとうとう雪が降りました。朝起きても車の上には雪が残っている状態。大阪で雪が積もるなんで考えていなかったので、びっくりしています。

f:id:jhonny7:20180127141056j:plain

 

今日は大阪歴、数週間の道産子おじさんが感じた、大阪と北海道の違いをメモしていきます。

 

 

生活編

1.室内が寒い

まずこれ。今までどこで聞いた事あったけど本当に寒い。現在滞在しているのは比較的、築浅のマンションなので一般的な物件よりもマシなのかもしれないけど、それでも寒い。

 

そもそも窓が1枚なので、窓際からの冷気が止まらないのです。北海道の少し古い物件は基本的に窓が2重になっていて、ダブルで冷気をシャットダウンします。

 

最近の物件は1枚窓で、複層式ペアガラスが主流。ガラスが2重になっていて、ガラスの間にガスが注入されているので寒さが伝わらないという、商品が主流です。

 

床下も常に冷たいので、建物としての断熱性能が高くないのでしょう。北海道の住宅だと、高気密高断熱住宅が主流なので、この点は大きく性能差があるのだと感じます。

 

断熱性能を上げるというのもお金がかかる事なので、必要性が低ければお金をかける優先度が低くなってしまいます。(北海道だと寒すぎると死にかねない・・・)特に賃貸物件だとアピールポイントになり辛いという事情があるのかもしれません。

 

ただ個人的には、大阪などの暖かい地域でも高断熱住宅というのは、必須なんじゃないかと思うわけです。断熱性能が高いと、夏の暑い外気もシャットダウン出来るので、そっちにメリットあると思うんですけどね。もし大阪に住む事になった場合には、その点を意識してみたいと思います。

 

2.道が狭い

大通りは、しっかりと道幅が確保されていて北海道よりも広い道はたくさんあります。しかし住宅街に一歩踏み入ると、道が狭いなーという印象を受けます。

 

昔から町として栄えており、歴史があるという面もあると思いますが、北海道と比較して狭い理由は「雪がある/ない」の違いなのかなと感じます。北海道で道が狭かったら雪が積もり過ぎて、通行できなくなってしまいます。

 

比較的広めの道であっても、雪が降り積もったあとは1台走行するのがやっとという状態になったりするので、やっぱり雪を見越して広めに道幅を確保しているのでしょうね。

 

3.規模が大きい

大阪は想像以上に大都会です。札幌は人口は約190万人。北海道一番の街なので、そこそこ大きいと思っていたけど、ぜんぜん規模が違うんですよ。

 

まず梅田の地下街とか、高層ビル群など広大すぎて迷いました。札幌だと地下街は、オーロラタウンポールタウンなんですが、梅田の地下街は、札幌以上に大きく、店の数も一体何点あるんだ!?という感じでした。

 

f:id:jhonny7:20180127141050j:plain

新大阪駅も大きく新幹線のホームもあり、何番線まであるのかわからん!というくらい広い。飲食街も3フロアーあったりと、とにかく大きい!

 

人も多いですね。難波も行ってみましたが、人が多い!そして観光客が多い印象です。特にアジア系でしょうか。中国とか韓国などの観光客が多いなという印象を受けました。

f:id:jhonny7:20180127141053j:plain

 

4.物価が高い!?

物価が高いのでしょうか?自炊するためにスーパーに通っていますが、野菜の値段が北海道と比較すると高いような気がします。あと卵の値段も少し高い印象を受けます。冬だから野菜が高いのは当たり前かもしれませんが、それでも少し高いかな。

 

例えば人参、じゃがいもなどの保存できる根菜類であっても少し高めです。きっと大阪の方が若干、物価が高いのでしょう。

 

5.自転車が整頓されている

駅前など放置自転車が一切ありません。しっかりと整理されていて綺麗です。

札幌は札幌駅などの市内中心部の駅は、自転車置き場などが整備され、どこでも自転車を置けないようになっていますが、その他の地下鉄駅などはゴチャゴチャとしています。

 

そして大阪は駐輪場が有料ですね。札幌は中心部以外は無料なので、そこが大きい違いかなと感じます。またバイク専用の駐輪場もしっかりと整備されていて、バイクの台数も札幌と大きく違うと感じました。それもやっぱり、基本的には雪が降らないので年中使用できる大阪と、バイクだと半年しか使えない北海道の違いなんでしょう。

 

 

まとめ

住む場所が違えば人が違い、街も変わってくるなと改めて感じました。街の違いというのは、住んでいる人の違いに大いに影響されるのと、その土地の歴史的なもの、そして立地環境的な側面から影響を受ける事が大きいと感じます。

 

北海道とは気象条件が大きく違うので、その点での影響も大きいですね。北海道が冬季に150億円とも言われる多額の除雪費用というものが掛かっているのに対し、非降雪地帯である大阪では、その費用が掛からない訳です。これは大きいなと思います。

 

まだ数週間ですが、北海道と違って大阪面白いな~という印象です。

休みが少なくあまり観光が出来ていませんが、もっと大阪を楽しみたいと思います!

「生活編その1」は以上で終わり。次回は食生活の違いについて書いていきます。

では。